警報が発令されたり、地震が発生したとき

■暴風警報(暴風特別警報)・大雨特別警報

① 午前7時現在 摂津市に「暴風警報(暴風特別警報)」「大雨特別警報」が出ている場合、登校を見合わせ自宅待機

② 午前9時までに「暴風警報(暴風特別警報)」「大雨特別警報」が解除された場合、その時点で登校

③ 午前9時現在「暴風警報(暴風特別警報)」「大雨特別警報」が解除されていない場合、臨時休業

④ 授業途中で「暴風警報(暴風特別警報)」「大雨特別警報」が発令された場合、下校時の安全状況を確認の上、休業措置をとり、下校。

⑤ 午前7時~始業の間に「暴風警報(暴風特別警報)」「大雨特別警報」が発令された場合、登校前であれば、自宅待機、以降上記。登校した生徒については、学校待機とし上記④。

※給食について
  午前7時現在「暴風警報(暴風特別警報)」「大雨特別警報」が発令されている時、中止となります。その際は、予約システムに残高が戻る形で返金されます。

※その他の気象警報(大雨・洪水など)が発令されている場合
  原則として登校。但しさまざまな状況を把握して危険があると判断されたときは、8時までに教育委員会と連絡を取った後、休業になることもあります。

■地震が発生した場合

震度5強以上の大規模地震(余震)が発生した場合
 ①登校開始前に発生した場合・・・臨時休業日とする。
 ②登校中・・・危険な場所を避け、安全な場所に一時避難し、原則として速やかに登校する。
 ③在校中・・・安全な場所に避難し、安全を確認の上保護者に引き渡す。
 ④下校中・・・危険な場所を避け、安全な場所に一時避難した後、原則として速やかに帰宅する。

震度5強未満の地震(余震)が発生した場合
 原則として臨時休業日としないが、校区の被害状況や、生徒の安全確保の上から、臨時休業日等の非常の措置を取らなければならない場合は、教育委員会に報告の上、適切な措置を講じます。

■その他

 校区内の広範囲にわたり危険な状態であると判断される場合は、教育委員会と連絡を取った後、臨時休業措置をとることもあります。その場合は、学校からの“せっつ安全安心メール”の発信や電話連絡などで別途お知らせします。